はじめての梅仕事

ご近所さんに梅とインゲンを貰いました。大量!

今まで梅仕事には興味はあったのですが面倒そう…と毎年諦め手が出なかったのですが、今年はなんとなくやってみたい!!と思ってたところに梅を頂きました。最高のタイミングだ!

早速、梅酒・梅シロップ・梅干しを仕込みました。

一人で梅干しのへたを取る作業をしたんですが、これ結構大変なんですね〜( ̄∇ ̄)たくさん仕込んだせいか全工程2時間くらいかかっちまった…。

TVで見た梅バターというやつも作ってみたいのう。

参考にしたのは伊藤玲子さんの『ちょこっと楽しむ保存食』。少量を冷蔵庫で管理できるから楽だよ〜って本なのに結局大量に仕込んだな。。梅の種類によっては扱い方も違ってワクワクしました。まだホワイトリカー余ってるし何かやろうかなぁ。

 

田舎なせいかお庭で菜園、畑をやってる方も多くてお裾分けを頂く事も多いのですが、皆さん「食べきれなくて!食べてくれると嬉しいから気にしないで!」とおっしゃって下さり有難いばかり。。梅、美味しく漬かるといいな。

風呂上がりに物思ふ

感慨に耽っても一瞬で醒める。いつも。

談ス、見た。

 

談ス見てきました。

森山さんは俳優としての作品を拝見した事がなく(すんません)、ダンサーとしてが初見になりました。俳優としては拝見した事ないくせに森山さんの事はなんかずっと気になるな〜と言う存在だったので、観に行く事にしました。

 

始まり、舞台中央に観客を背にして立った森山さんの姿は「あ、こりゃ凄いもん始まるな」と感じさせました。

その通りすんばらしい舞台でした。

『踊り』という生き物を見ているようで、永遠に進化し続ける。実験的なようでいて、考え抜かれている。考え抜かれてるようでライブで生まれている。音楽はなし。息遣いが聞こえ、それがまた踊りを現す。一生見ていたいぜ!って感じでした。

個々のキャラもいいし、3人でしか出せないであろうライブやろうなぁ。大植さんも平原さんも初見やけど、他の舞台でも見たい。

 

最近音楽のライブを見にいく事がなく(田舎住みなのと育児ものなので夜公演だと帰宅が夜中になってしまうので、昼公演しか行く気がしない)、何かライブを見たい…と思ってたけどダンスの世界、ええな〜。ハマった。

この日フライヤーで入ってた森下真樹さんの『ベートーベン交響曲第5番『運命』全楽章を踊る』も見にいく!

1楽章ずつ別の方が振り付けされてるのです。(森山さんも参加してる)

あと伊藤郁女さんの『私は言葉を信じないので踊る』も見たい〜〜!(これは日程が微妙で迷ってる)私は言葉を信じてないので(行動しか信じてない)、このタイトルはピンときた!行けるといいな。

談スもまだ続くみたいやし、もう一回見に行こうかな。次見る時、また進化してるやろうな。

いちいち突っ込むな

子供と買い物行って帰宅した時のこと。

 

受け流して下さい…。

仕事してると来る息子

家で仕事してると、こういう事あります。来月載るネーム(漫画の話作り)を描いていた時。

漫画はちゃんとクリップでとまってるもの、と思ってるらしい(笑)しかし特に声に出すのが恥ずかしい回に限って読めと言う!

 

鉛筆画でもスキャナーでコントラストとか変えれば、一応読めるくらい濃くなるんだ〜!!と、やっと発見したので載せました。ちょっと読みにくいかもですが、こういうのを上げていきたいな〜とずっと思ってました。

 

ところで今息子は保育園には行っておらず、(夫も在宅業なので今の日本で保育園受かる訳ない!笑)、しかも今住んでる地域は2年保育で幼稚園は来年からなので、今は自宅で夫と交代で、子供を見ながら仕事をしています。

しかし子は2階の仕事場に私がいると知ってるので、上がってくる。報告したいことや、一緒にして欲しい事があると来る。その様子はめちゃめちゃ可愛い!けど仕事できない。集中してやり切りたいけど、可愛い攻撃で中断。めっちゃ可愛い、めっちゃ大変、可愛い。けど大変。可愛い。の繰り返しです…。